本文へ移動

建築施工管理

中山敦也 2013年入社

中山敦也
八風吹けども動せず

職種:建築施工管理
保有資格:1級建築施工管理技士
出身学部学科:建築科
出身地:瑞浪市
 前職場を退職後、地元企業への就職を希望していたところ声を掛けてくださったのが舘林建設でした。地域に根付き人とのつながり、お客様、協力会社を大切にすることはもちろん社員を大切にする会社だと感じました。
建設工事の元請け業者として、工事の着工から完成まで「品質・コスト・工程・安全」管理を行っています。
30年の経験を積んで
 建築物は、人々の生活に大きくかかわっています。私は建設業界に入って30年になります。「人が暮らし、人が学び、人が働く」という人々の生活を支える建物を造ることが誇りであり、魅力に感じます。
 私は転職して当社に入社しました。入社当初は「長年の経験が活かせるのか、自分の仕事が認めてもらえるのか」という不安もありましたが、当社は私の考えや、経験を活かせるやりがいのある環境でした。
 今は現場所長として思う存分仕事ができています。当社は努力をしっかり評価してくれる会社です。
 今後は、自分の経験や知識を伝えながら若手社員の指導を行おうと考えています。
現場所長として何が大事か
 現場所長として、現場で働く作業員が安全に作業できる環境つくり、品質の向上、利益確保を目標にしていきたいと考えています。大切なことは、お客様に喜んでいただける建物を造ること。工事を進めていく過程で、お客様との信頼関係を築き、お客様が納得できる建物を造ることで、舘林建設に頼んでよかったと思っていただければ光栄です。
 建設業は決して楽な仕事ではありません。「3K(汚い・きつい・危険)」といわれるように、よくないイメージを抱く方も少なくありません。しかし、建設業には建設業でしか体験できない達成感や喜びがあります。
 様々な専門職の集まりを、管理、監督し、ひとつのものを造りあげる仕事は誇りになります。
ぜひ舘林建設に足を踏み入れてください。あなたにしかわからない感動がきっとあるはずです。

竹川輝彦 2009年入社

竹川輝彦
忍耐は苦い
しかしその実は甘い
 

職種:建築施工管理
保有資格:二級建築士
出身学部学科:建築工学科
出身地:恵那市
 営業エリアを東濃地区メインとして、通勤に苦労しないということもあり、地域密着型である当社に入社しました。
現在は某企業の社屋新築工事を担当しています。社屋ということはその企業の顔でもありますし、仕事がしやすい空間でなければいけません。完成を待っているお客様のために良い仕事をすることを常に意識し、日々現場管理をしています。
ひとつひとつの建物に思い入れがある
 現場監督の仕事は本当に責任がある仕事だと思います。ひとつひとつ細かい作業でも、とても重要であることを身にしみて感じ、現場管理や安全管理を怠ってはいけないと背筋を伸ばして仕事をしています。
 建物が完成し、お客様に喜んでいただけたときは幸せな気持ちになります。何年後にも残る建物だからこそ愛着がありますし、当時大変だったことや嬉しかったことを思い出して、また次の現場でも頑張ろう!とやる気が出ます。現場での経験を重ね、自信をつけて、資格も確実に取得し、会社として戦力となることが目標です。
家族も参加する行事があることも魅力のひとつ
 仕事面だけでなく、当社の魅力のひとつとして、行事が定期的にあることです。いくつかある行事の中で、従業員と家族で日帰りバス旅行に行くイベントがあり、幹事をまかせていただきました。行き先の選定やバス内でのゲームの準備などをしたため、当日皆さんの楽しんでいる顔を見たとき、喜びを感じました。先輩の家族と交流できますし、こういう行事を大事にしていきたいと思います。
 
 まずはインターンシップなど参加して自分に合っているか確かめることが大切です。
地域密着型の当社だからこそ、地域のためにできる仕事がここにあります。
私たちと共に成長したい方、一緒に働きましょう!
 

細江達哉 2013年入社

細江達哉
人生は一度きり

職種:建築施工管理
出身学部学科:建築工学科
出身地:可児市
 建物の着工から完成まで携われる現場監督になりたいと思い、同じ専門学校を卒業されている先輩が働いていたので、安心感もあり舘林建設に入社しました。
 現在の仕事は、現場管理、安全管理、施工図の作成を行っています。工事現場は常に危険と隣り合わせなので、安全管理はとても重要です。協力会社の名簿確認や、怪我や事故が無いように足場の点検など、安全に作業ができるよう注意を払っています。
完成したときの達成感と感動がやみつき
 今まで新築工事現場を4件携わりました。何もない場所から図面通りに形になっていく過程を間近で見ることができ、毎日の変化が楽しいです。
 現場の状況によっては夜遅くまで仕事をする場合や、デスクワークで頭を使ったり、現場監督の仕事は幅広く、苦労もあります。しかし、建物が完成したときの達成感と感動をその度に感じ、お客様に「ありがとう」と言われたときは、今までの苦労が吹き飛び、次の現場でも頑張ろう!という気持ちが湧いてきます。
新築工事のキャリアを積む
 これからの目標として、新築工事の経験をもっと積み、先輩から教わったことを確実に身につけ、早くひとりで現場を担当できるようになりたいです。
また資格をとることが必須ですので、二級建築士の取得を目指して勉強中です。
 建設業ならではの達成感と感動があります。
舘林建設ではたくさんの先輩たちがしっかり指導してくださるので、着実に成長できます。変化していく現場で、自分自身の成長の変化も実感できます。現場監督としても、人としても成長できる舘林建設で、一緒に挑戦していきましょう!

林 智成 2014年入社

林 智成
take it easy

職種:建築施工管理
出身学部学科:工学部物理工学科系
出身地:多治見市
 中途採用で入社しました。きっかけは友人の紹介で、前職は違う業種でしたので、全てが初心者です。しかし、あいさつは社会人として共通なので、大きな声で元気よく「おはようございます!」「こんにちは!」「お疲れ様です!」とあいさつをすることを大事にしています。明るく元気に仕事をすることで、現場の雰囲気も良くなりますし、私自身も気持ち良く仕事が始められます。
 最初は道具の名前を覚えることからでした。道具の種類も、建設業界用語もたくさんあり、覚えるのに苦労しましたが、覚えてしまえば、こういう時の作業はこの道具を使うなど分かるようになり、少しずつ身についている実感があります。
未経験でもできる仕事なんだ
 技術的な知識は無くても、先輩や協力会社から現場のことを教えてもらい、少しでも早く現場監督として仕事ができるように頑張っています。仕事の魅力は、新築工事の場合、ゼロから大きな建物が出来ていくのを間近で見られることです。改修工事の場合は、お客様の要望通りにカタチになり、ここをこうしたら綺麗になるだろう、こうしたら使いやすくなるかな、と考えながら取り組むのも、仕事をしていて楽しいと感じます。
どんな業種でも努力次第
 建設業界は仕事がきつい、大変とよく言われますが、どの業種でも似ようなものだと思います。ただ、「やりがい」という点に関してはほかの業種よりウェイトが大きいのではないかと感じます。私のような未経験の素人でも、最初はもがきながらも目標をもち、ひとりの現場監督として戦力になれるよう努力することが一番大事だと思います。
 少しでも建設業に興味がある方、大きな仕事に携わりたい方、地元で働きたい方、一緒に現場監督として輝きませんか?
当社ではいろんな可能性があると思います。
舘林建設株式会社
〒509-5122
岐阜県土岐市土岐津町土岐口1956番地
TEL.0572-55-3131
1.建築、土木工事業
他10業種の建設工事業
2.建築設計及び監理
3.その他関連事業
TOPへ戻る